【CPのひとり言】多くの人の手で スパされてみて

これまで数十人の方にヘッドスパをしていただきました。
時にお客様として、時に練習台として。
カットやカラーと違って、スパは毎日でも受けられます。
カットやカラーは最低でも1か月くらい空けて施術してもらいますから、自分の頭で毎回違う人に担当してもらうという無謀な目標を立てたとしても、自ずと数に限界が生じます。
しかし、スパだとお金と時間の問題をクリアすれば、数多くの人に担当してもらうことが可能になります。
で、いろんな方に自分の頭を触ってもらって感じることは、当り前のことなのかもしれませんが、一人ひとりの技術が違うということです。
またやってもらいたいという手もあれば、そうでもないという手もある。
前者の手を持つ人は、スパ比率も高い。
当り前と言えば、当り前のことなのですが…。

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 パーマリンク