【CPのひとり言】世は人手不足時代

美容業においても人手不足が本格化しているという話をあちらこちらで聞くようになりました。
そのような現状を踏まえ、人手不足に対して何らかの手を打とうという話のほかに、人手不足は人口構造的にも避けられない状況なのだから、新たな雇用を容易に行えないということを前提にした対応の話も出始めています。
免許取得者が年間で19000人前後に減少していると言っても、その同年齢の人口は120万人前後なのですから、美容師一人に100人もお客さんがいない。
このような状況では、美容師になったほうがいいよとは、簡単には言えません。
新しい人材が容易には入ってこないということを踏まえて、いろんなことを考え、変わっていくことが求められてきているなと感じる今日この頃です。

チーフプロデューザー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 パーマリンク