【CPのひとり言】ドイツ話② アミノ酸を欲する私

ドイツ滞在中の食事。これには参ってしまいました。
パン、ハム、チーズ、スモークサーモン、朝昼は毎日これの連続です。
外は最高気温マイナス4度の状況の中で、冷たいこれらの食事は私に渇望を引き起こします。
ラーメン、うどん、お蕎麦が食べたーい、いや、せめて味噌汁だけでもいい。
温かいダシと、そこに含まれるグルタミン酸やイノシン酸といったウマミ成分への欲求が抑えきれません。
もちろん、そういう日本食を食べさせてくれる店はありませんから、帰国するまでその欲求と闘い続けなければなりません。
帰国直後、立食い屋さんに飛び込み、きし麺を食べました。
そこで実感したのは、日本人はアミノ酸でできている、ということでした。

朝も昼もコレ、コレ、コレ!

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】ドイツ話② アミノ酸を欲する私 はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】ドイツ話① コンビニ一軒も発見できず

ドイツから戻ってきました。
新しい発見や気づきがいっぱいありました。
まず驚いたのは、コンビニがないということ。
行ったところは人口50万ほどの地方都市だったのですが、中心部にも郊外にもない。
しかも酒場以外の店は18時を過ぎるとほとんどが閉まってしまいます。
聞くところによると、家族との時間を大切にするから早く退社するのが普通なのだそうです。
早く退社して同僚と飲みに行くということも少ないとのこと。
コンビニが全国津々浦々にあるニッポン。
そのコンビニの量の違いは、働き方や時間の過ごし方の文化的な違いの象徴ではないかと思えてきました。
ちなみに美容室も数店舗まわったのですが、どこのお店も18時には最後のお客様を仕上げていました。

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】ドイツ話① コンビニ一軒も発見できず はコメントを受け付けていません。

【Movie】彩りと動きの組合せ技術がつくるコントラストの新しい表現/MODE COMPASS 2017 春夏“マルチコントラスト”

やさしさと強さが共存するコントラストがトレンドを表現する上で不可欠になってきています。
動きや彩りを使って繊細にメリハリをつけていく技術とそのデザインをご紹介。

提供 ルベル/タカラベルモント(株)

カテゴリー: 番組 | 【Movie】彩りと動きの組合せ技術がつくるコントラストの新しい表現/MODE COMPASS 2017 春夏“マルチコントラスト” はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】グーテン モルゲン!

何の因果かわかりませんが、年明け早々ドイツに行くことになりました。
明日出発です。
遊びに行くわけではありません。
美容の勉強です。
何の勉強に行くのか?
それはおいおい、このコーナーでお話していこうと思っています。
ビールを飲みに行くだけなんじゃないの?
という声もありますが、それはそれで楽しみにしつつ、勉強もしっかりしてきたいと思います。
1月22日まで、連絡が取れにくくなるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】グーテン モルゲン! はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】年が明けても 飲んでいるのか!

奨学金で美容学校に通う人が以前より増えてきているように思います。
昨年学校を卒業した数名と話をした時も、約半数が借りていました。
学費を払える親が少なくなったのか、その背景の議論はさておき、現実としては数百万の借金を抱えてサロン現場に入った人が増えているわけです。
う~ん…。
この現象、美容業界だけでなく、いろんなところで起きているようです。
若者が多額の借金をした状態で社会に出る。
そして一年目から返済が始まる。
う~ん…。
そんな状況を、あるオーナー美容師と嘆きながら酒を飲み、2017年が始まりました。
今年もよろしくお願いいたします。

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】年が明けても 飲んでいるのか! はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】今年もよく飲みました!

2016年、今年も多くの出会いと再会がありました。
人知れずもくもくと技術を磨いている人、
試行錯誤しながら新メニューを開発している人、
創造力を失わないカット教育法を模索している人、
目の前のお客様のために仕事の幅を拡げようとしている人、
今はまだ何も為していないけれどもいつかは何かを為そうと思っている人、
今は目標を見失い立ち止っている人、
課題と向き合いそれを克服しようとしている人、
仕事の中に豊さを見つけ出そうしている人、
などなど、いろんな想いを持った美容師と今年もお付き合いさせていただきました。
ただただ感謝するばかりです。
来年も、よろしくお願いいたします!

チーフプロデューザー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】今年もよく飲みました! はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】入店1年目のM君に 脱帽です

今年美容学校を卒業したばかりのM君と、彼の母校に授業をしに行ってきました。
来春美容室に就職する生徒にとってリアルで現実的な話が聞けて、覚悟を決める意味でも参考になるのではないかと思い、同行してもらった次第です。
若い世代を取り巻く状況は厳しい状況にあります。
高度化する技術、困難性を増す集客、多様化するニーズ、激化する生き残り競争がある中で、自分の仕事を確立していかなければなりません。
M君は入店1年目にもかかわらず、自分のファンづくりを進め、シャンプー指名や店販売上などの結果を出しています。
「まだカットにも入っていないのに、どうしてファンづくりができるの?」と彼に聞きました。
「お店に来るお客さんは先輩のお客さんだけど、全員が自分のお客さんだと思えばいいんです」
さらにこんなことも言ってました。
「ファンづくりは技術者になってから始めるのでは遅い。アシスタントのうちからやらないと…」
脱帽です!

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】入店1年目のM君に 脱帽です はコメントを受け付けていません。

【Movie】カップラー<色味成分>高濃度配合が実現するグラデーション&コントラストカラー/新カラー剤「ピカラ」施術例

絵の具のような高彩度カラーを実現する新カラー剤「ピカラ」の施術例をご紹介。
高彩度カラー剤が実現するグラデーションカラーとコントラストカラーをご覧ください。

提供 (株)NAKAGAWA

カテゴリー: 番組 | 【Movie】カップラー<色味成分>高濃度配合が実現するグラデーション&コントラストカラー/新カラー剤「ピカラ」施術例 はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】神々の国の美容

先日、島根県の2つの美容室にお邪魔しました。
一軒は出雲市、もう一軒は川本町というところにあります。
なぜ”そこ”に行ったのか?
自分自身よくわからないのですが、美容室のあり様が多様化し、美容や美容室に関する情報が溢れかえっている中で、助けを求めに行ったのかもしれません。
2つのサロンとも、技術も知識もよく勉強されています。
力んで何かを学ぶというのではなく、お客様のキレイのためにもっと何かをしてあげたいという感じ…。
新規客を獲得するために何か特別なことをするということは全くなく、目の前のお客様と真剣に接する、その延長に紹介客があるという感じ…。
お客様のキレイのため、髪以外のキレイにも取り組んでいる…。
何よりも、キレイを提供する側の美容師(皆さん女性でしたが…)が元気オーラいっぱいという感じ…。
美容の原点をいっぱい浴びることができた旅となりました!

チーフプロデュアーサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】神々の国の美容 はコメントを受け付けていません。

【CPのひとり言】○○とハサミは使いよう?

カットのベーシックをこれまでと違う角度から考えてみようという集まりがありまして、そのワークショップに最近参加しております。
その中で感じたことなのですが、ハサミの使い方について、私は本当にまだ何も知らないのだと思います。
逆に言うと、使い方の可能性をもっと知っていくと、これまでにないカット教育ができるのではないかと感じました。
ハサミはどんなに切れ味が良いモノであっても、髪の毛を刃上で滑らせて切っているわけで、刃先に近い髪ほど逃げやすくなる。
その性質はウエットよりもドライで現れやすいけど、ウエットで切る場合は髪のクセを消して切っているわけで、乾かすと髪のクセが現れ、ウエットでつくったラインが乱れてくる。
カットを長年やっている人にとっては当たり前のことなのかもしれませんが、ハサミの使い方とリンクしたカタチでそのあたりのことを整理すると、もっと発想が自由になるカットのベーシックが生まれるかもしれないと感じている次第です。

チーフプロデューサー 大久保 淳

カテゴリー: CPのひとり言 | 【CPのひとり言】○○とハサミは使いよう? はコメントを受け付けていません。